オオカミのとおぼえブログ

フィギュアスケート・犬・紀行番組・ニュースなどをひとりで語りつくします!

浅田真央のタクシーが遠回りした発言に擁護が少ない理由

 ※今回のテーマは人によって不快に思う率が高いです。予めご了承ください。

 

フィギュアスケーター浅田真央さん(27)が18日放送の日本テレビ「PON!」(月~木曜前10・25)に、姉でタレントの浅田舞(29)とともにVTR出演。最近、激怒したエピソードを明かした。

真央さんによると、その日は大切な打ち合わせがあり、品川から渋谷のNHKまで移動しなければならず、タクシーに乗ったといい、「品川から渋谷まで行くのに30分としても余裕をもって出たんです。遅刻できないと言っていたんですけど、約45分ぐらいかかってしまって、すごい遅れてしまったんです。着いたら、偉い方がお待ちになられていて…。タクシーの運転手さんがその時に遠回りしていたことに気づいたんです」と明かした。「タクシーの運転手さん、遠回りをするのは本当に良くないと思います。それはちょっと本当に許せなかったです」と怒りは収まらない様子だった。

 

浅田真央さん 不誠実なタクシー運転手に激怒「本当に許せなかったです」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

この件、完全に真央ちゃんは世間から共感してもらえる内容だと思って話したのでしょうね。しかし世間の反応はそうではなかった・・と、言う認識のズレがプチ炎上に至ったのだと推測します。

 

なぜ擁護が少ないのか

実はこの話、一般人が「この前タクシーで遠まわりされてムカついたー」と周囲に愚痴る分にはなんの問題もなかったのだと思います。では炎上の原因はなにかと言うと、それはテレビの向こう側の人間が、特定の職業に対しての不満を世間に発信してしまったということでしょう。例え運転手側に問題があったとしても、今回世間が真央ちゃんを100%擁護できなかった理由はここにあると言えます。

 

真央ちゃんが好きなんだけど・・

このブログを読んでくださっている方はご存知の通り、私はフィギュアスケートが大好きで、浅田真央ちゃんも大好きです!だからこそ、最近のスケート関係者の炎上事件には胸が痛いのも事実・・。また、以前私はスケートネタとは別に、タクシー運転手について以下のような記事を書いたことがあります。

goldenretrievers.hatenablog.com

 ここで私は、芸能人によるタクシー運転手への電波を通しての不満はいかがなものなのか?と、意見しました。全国ネットでひとつの職業を名指しで否定する行為は営業妨害ではないのか、公人がそのような発言をすることで職業差別が生まれてしまうのではないか等のことを申しただけに、まさかそれに近いことで応援している人物が批判されているという状況に戸惑いが隠し切れません。私自身「真央ちゃんの気持ちも分かるけれど、擁護できない気持ちも凄く分かる」という複雑な心境です。

 

トラブル回避のために

こういう記事を書くのは既に2回目とあって、前回でもほぼ同じようなことを書いたと思いますが、改めて確認してみますと、今回のようなトラブルを防ぐにはルート確認が1番ということでしょう。

 

おさらいすると、真央ちゃんは品川から渋谷NHKまで行くのに約30分と見積もっていたが、実際には45分かかったことで遅刻、おえらいさんを待たしてしまったそこで遠まわりされたと気づく運転手さん許せない!となった。

 

トラブル回避ポイント

①お客さんが「急いでいます」と言った場合、運転手は正規ルート(最短距離)よりも信号が少ない・渋滞がないといった距離がある方のルートを選択することもある⇒その場合でも交通状況によっては5~15分くらい到着に誤差があることも考えられるため、何時までに目的地に到着したいかを伝えておいた方が良い※渋滞で間に合いませんとなるのは良くあるパターン(それで間に合いそうにないことが分かれば事前に会社に連絡ができる)

②運転手は乗客とのトラブルを回避するため、出発前にどのルートを希望するか尋ねるorこのルートでいいのか許可・確認を取る(これは大切!)

 

また、運転手自身がまだ仕事に慣れていない場合や、ルートに詳しくないと言ったことも考えられるため、運転手にとって乗客との基本的な意思疎通というのは、相手の要望に応える上でも重要になってくるかと思います。

 

真央ちゃんへのイメージ

真央ちゃんは現役時代からやたら神格化されたイメージというか、ファンが無理やり押し付けた人間像に応えていた印象があります。しかし、これについても私は「引退したら自由な真央ちゃんになっちゃいなよ!」と引退会見の際にブログで語っておりました。そりゃ世界のトップに立つような人間が気が強くないわけないし、そこら辺にいるか弱き乙女なわけないじゃない!、と。もっと強靭メンタルな真央ちゃんや若い頃のような自由な真央ちゃんでも良いんじゃない?と、思っていたのです。だから今出ているこの件で「清純なイメージの真央ちゃんが消える」・・という話題は個人的にどうでもいいです。マスコミに追われ、スランプに陥ってからすっかり別人になってしまった真央ちゃんよりも、自由奔放で天真爛漫な今の真央ちゃんの方が本来の姿に近いですからね。ただ、そうなると失言には要注意になるので、テレビ業界でやっていく方たちは小さなことでも意識して発言していかなければなりません。

f:id:goldenretrievers:20180719134840j:plain

タクシー業界をフォローしたい

この遠回り事件の真相は、テレビで流れた内容だけではよく分からないというのが本音です。果たして運転手による故意だったのか、そうではなかったのかは分かりません。ただ、発信したのが有名人(それも浅田真央!)という状況では、どうしてもタクシー側が弱者になってしまうので、あら真央ちゃん大変だったわね、とは言えてもそれ以上は何も言えません。もしも間違った内容でタクシー業界に迷惑がかかってしまっては、それはそれはとても失礼なことになってしまいます。一方でアンチのようにネチネチと有名人のミスを叩くようなこともあってはならないと思います。個人的にこの件に関しては、真央ちゃんにも、タクシー業界にも同情できるので、真央ちゃんは怒っていいとは思います。しかし、それをテレビではなく、タクシー運転手本人・会社に伝えるべきだったと考えます。

 

番組では浅田姉妹にインタビューしていた永野さんもフォローしていた通り「(確かに運転手の一部にはおかしな方もいらっしゃるとは思いますが)、すべての運転手さんがそうなわけではないですからね」(というものに)、私も同意し、重ねてフォローしたいです。

 

ということで、以下には全国の真面目に頑張っている運転手さんへのフォローを乗せたいと思います!

 

真面目に頑張っている運転手さんたちへのフォロー

私も以前、駅から自宅までタクシーを利用した際に遠回りルートだった時があるのですが、だからと言って運転手が悪いことをしているとは思わなかった事例があります。

 

①遠回りルート・・大通りで最もメジャーなルート。しかし信号多しで、止まる度にメーター上がる。

②近道ルート・・マイナールート。普段から使う人は限られている道。信号なし、外灯や民家もほとんどなし。暗く、誰もいないからという理由でスピードを出す人も多く、事故率も高い。

 

私はこの①ルートで自宅に向かったのですが、自分の中では②ルートで行くものかと勝手に思っており、特にルート指定もせずに発進してもらいました。しかし、出発したとたん「あれ?」と運転手さんが想像とは違うルートで発進したことに気づきましたが、もう逆方向に進んだ後だったので仕方ないと思い、そのまま自宅まで行きました。

その後よく考えてみたのですが、女性客ひとりを②ルートで連れて行くのは運転手さんからすると気を遣ったのかなぁと思いました。運転手さんから見たら若い女性客が普段②ルートなんぞ使っていないと思い、誰もが知る①ルートを選んだのかな~と。むしろ②ルートで行ったら不審に思われるのではないかと警戒されていたのかも知れません。実際、その運転手さんは安全運転で、家の周辺に来た時も「こちらから曲がった方がよろしいですか?」など細かなところを確認していたので、不快には思いませんでしたし、希望のルートがあるのなら、次は自分から言えばいいのか~と思ったくらいです。自分にとっての当たり前と、相手にとって当たり前は違うというのは、よくある話ですよね。

 

過剰なサービスを求められているのかも・・

タクシー運転手の批判の中によく「プロなんだからさ~道くらい覚えておけよ!」と、自己流の裏道&近道を強制してくる方っていますよね。若いお兄ちゃんがおじいさん運転手に「荷物いれて!」と命令したり・・。プロとは言いますが、目的地まで安全に乗せていくという以外の過剰な知識とサービスは、タクシー運賃と比較すると求めるものが大きすぎません?と思うのですよ。安い賃金で高すぎるプロ意識を強要するのはタクシー業界だけではありませんが、過剰なサービスや質というのは時に労働者を虐待しているようにさえ思えます・・。格安となっているなら尚さら、その分の質しか客は期待してはならないのではないでしょうか。なんだかとても日本のサービスや質に対しては、対価と労働が伴っていない気がしてなりません。お金を払っているからと威張っている人が多すぎる・・少し行き過ぎていると感じます。皆がもっとイライラせずに、心にゆとりが持てる世の中になることを願うばかりですね。

 

おわりに

今回の騒動が多方面で敵を作り、大事にならなければいいのですが、そうならないように解決できることを期待します。これを機に、テレビ側も芸能人によるタクシー批判を編集でカットするなどの配慮をしてほしいですね。いくらスポンサーに関係ない業界だからといって、あまりにもこうした内容を流してしまうと敵しか生まない結果になるのではないでしょうか。何よりも1番は語る側の意識が大切ですがね。

 

そしてぼったくりタクシー(金銭問題以外の危険なタクシーも含む)がゼロなわけでもないので、そこは警戒しないといけません。気を付けたいですね。それを取り締まり、扱うのは芸能人やバラエティではなく警察のお仕事。

 

いやぁ~しかし、真央ちゃんを乗せた運転手さんは相手が真央ちゃんだと分からなかったのかな??さすがに浅田真央は知ってると思うのですが、その状況でわざと遠回りなんてするのでしょうか??う~ん、コミュニケーションの行き違いで起きた件だと思いたい。

 

まぁ飛んだアクシデントはよくあること!!これで真央ちゃんも次からは(都内では地方の倍)時間に超絶余裕を持って入念に出かけるという技を生み出すことで急なアクシデントを回避できるでしょう。そして今後浅田姉妹をタクシーに乗せるかもしれないとドキドキしているドライバーさんたちも多いはず!こんな事件があってからは互いに気まずさが残りそうですが、何らかの対応でそれがなくなることを願います。

 

最後に真央ちゃんにも、運転手さんにも、私にも、ここをご覧の皆様にも、誰にでも言えることを紹介して閉じます。

 

沈黙している者も非難され、多く語る者も非難され、少し語る者も非難される。

つまり、世に非難されない者はいないのである。 

仏陀

 

「完璧」がいかに難しいかを人間自身が物語っていますね。だからこそ人は寛容になる必要があるのでしょう。

 

以上、渋谷駅からNHKまで徒歩で移動する私からでした。