オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

【グレイシー・ゴールド休養】去りゆくスター選手に競技人気存続のピンチ

 

 

最近は季節の変わり目だからか?体調がすぐれず、なかなかリアルタイムでの更新が出来ていないのですが、今回はグレイシー・ゴールド選手の休養についてのニュースが報道されたので少しだけ思ったことを書いていきたいと思います。(英訳が面倒なので日本の記事から)

 

 

 

まずは、米人気選手ゴールド、突然の休養 平昌控え苦渋の決断:朝日新聞デジタル

の記事から

 

 

 

フィギュアスケート女子のグレーシー・ゴールド(米)が平昌五輪を5カ月後に控え、休養を取ることが明らかになった。10月にさいたまスーパーアリーナであるジャパンオープンに出場予定だったが、欠場するという。

 

 AFP通信などによると、ゴールドは米メディアに「スケートとトレーニングへの情熱はまだ持っているけど、最近、競技やプライベートのことで苦しんでいて、プロの助けが必要だと気付いた」と話した。11月にあるグランプリシリーズの中国杯とフランス杯の出場には前向きだが、調整が間に合うかは不透明だ。「この機会が、より強い人間になる助けになるだろうし、スケートのパフォーマンスにも反映されると信じている」と話しているという。

 

 

う~ん・・この記事だけを読むと、ジャパンオープンに欠場するというだけで今季休養するというわけではないようですが、個人的に「欠場」ではなく「休養」という言い方がゴールド選手の状態の深刻さを物語っているようで引っ掛かります。

 

 

体重管理に悩む姿も

ゴールド選手はもともと太りやすい体質で体重管理に悩んでいたようです。

 

シーズンに突入すればしっかり絞ってコントロールは出来ていたものの、一度オフになるといつもふっくらとする印象がありました。

 

しかし、ここ最近の彼女は今までの「少し太ったかな?」という見た目とは違い、誰が見ても「どうしちゃったの・・?」というくらいぽっちゃりとした姿になっていました。

 

 
f:id:goldenretrievers:20170909101821j:image

(検索かけたら「グレイシー・ゴールド 太った」とか「グレイシー・ゴールド 激太り」で調べられていました・・。オイオイ・・。)

 

 

そもそもゴールド選手が大きく不安定になりだしたのは2016年に地元アメリカで行われた世界選手権で4位になってからだと思います。

 

長年アメリカではフィギュアスケートの人気は低迷。いつしかアメリカ代表選手もかつての華やかさを失い、アメリカ人が望むようなスター選手もいなくなりました。

 

そんな時、現れたのが技術も華もあるグレイシー・ゴールド選手。久しぶりのザ・アメリカンスタイルなゴールド選手に周囲は「彼女ならアメリカに希望をもたらしてくれるかもしれない!」と大きな期待を抱くことになります。

 

しかし、明るく強気そうな見た目とは違い、繊細で真面目なゴールド選手にとって、その期待は大きなプレッシャーとなり、数々のチャンスを逃してしまう日々が続きました。

 

そしてそんな期待とプレッシャーの連続に強烈なトドメを与えたのが、2016年に地元アメリカで開催された世界選手権での4位という結果だったわけです。

 

この試合では当たり前のように金メダルを期待されていましたから、それに応えられなかったという事実はゴールド選手をますます追い詰めるかたちになってしまったのでしょう。結果を出せない自分を責めたゴールド選手は自身を「太っているからダメなんだ」「体重管理もできない選手なんて・・」とすっかり自信を失ってしまいました。

 

 

フィギュア界にはリプニツカヤ選手や鈴木明子選手など体重管理から摂食障害になった選手がたくさんいます。公表していないだけで同じ病気を患っている選手は多いことでしょう。ゴールド選手の最新の写真を見ると、今まで見た中でも1番ふっくらしているように見えるので、その姿から事態の深刻さがうかがえてとても心配です。写真を見て誹謗中傷される姿を想像すると、とても切ないですね。

 

体重増加にはストレスが影響するものも多いので、ゴールド選手の不安や心配事が1日も早く晴れてくれることを願います。

 

 

 

プライベートでの問題

また、今回の休養にあたって気になるのが、競技のことだけでなく、プライベートでの問題にも苦しんでいるということです。

 

ゴールド選手は今年1月の全米選手権の後、長年コーチを務めてきたフランク・キャロル氏との師弟関係を解消したことは記憶にも新しいですよね。競技の面でも環境の変化があって大変だったのは察しますが、どうやらプライベートでは医師であるお父様のことで世間を騒がせているようなんです。

 

なんとイリノイ州内の病院で麻酔医を務めるゴールド選手のお父様が、院内から禁止薬物を不正入手した疑いがもたれているんですね。そしてそれが、ロシア人アスリートのドーピングに関係しているとかで現在調査中のことだそうな。

 

これが真実ならアスリートである娘ゴールド選手にとっては大変印象の悪いニュースになってしまいます。ここから予想できるのは「お前もドーピングしているのではないか」と批判されることです。

 

もちろんそんなわけはありませんが、この事件でお父様が関わったとされるアスリートがロシア人ということもあり、向こうは向こうで疑いの矛先をなんとしてでも自分たちから逸らしたいと思うはずです。ロシアはただでさえドーピング問題で五輪追放されかねませんからね。

 

この事件の真相はわかりませんが、どうか嘘であってほしいです。仮にそれが真実だったとしても親のやったことと、ゴールド選手の競技人生には直接関係ないことだと思います。

 

こんなことがあって心のケアは難しいこととは察しますが、周囲でゴールド選手を支えてあげて五輪に出場させてほしいです。

 

 

 

まとめ

ゴールド選手に、リプニツカヤソトニコワ、そして真央ちゃんまで・・。こんなに人気のある選手の引退や休養が相次ぐ五輪シーズンは珍しいのではないでしょうか。

もはや五輪では誰だかわからない選手がたくさんで、競技人気も危うくなるのではと思うくらいです。

 

正直、私はもうロシアの若手選手の名前は覚えられません(笑)次々と新しい選手が出すぎて記憶が追いつきませんよ。こんなスピードで選手の入れ替わりが進んでいけば、そりゃあスター選手なんぞ生まれないわなと思います。だってスターになる前に皆消えちゃうんだもん。今いる選手の中でスターとなりえるのはメドベージェワ選手くらいかな?彼女がこのまま今季も無敗し続けて、五輪で金メダルをとったら伝説になるのではないでしょうか。

 

ゴールド選手にはロシア人にも日本人選手にもない個性があったのでこのままファンの記憶に埋もれてしまうのはもったいないです。

 

周囲が期待するアメリカンガールである必要はないから、ありのままのグレイシー・ゴールドが観たいです。

 

元気でパワフルな美しさよりも、持ち前の可憐さを生かして殻を破ってほしいな。自然なままが、1番自信あふれて見えるし、何よりこの競技は選手の喜びの”笑顔”が出た瞬間が何よりも美しいと思うんです。それは困難を克服してきた選手であればあるほど魅力を発揮します。

 

ゴールド選手の調整がグランプリシリーズまで間に合うのか、どうかはわかりませんが、私は繊細な選手ほど強いと思っているので、(弱さなしでは強くなれない!)たとえ休養が長引いたとしても、再びリンクに戻ってきてくれるだろうと信じて待ちたいと思います。

 

それまでは、ゴールド選手、「ゆっくりケアに励んでね。」

 

ゴールド選手が復活しますように!事態が良い方向へ進みますように・・・!

 

ファンに出来ることは限られていますが、少しでも力になれるよう精一杯「応援」をしたいと思います。

 

 

最後に美しい写真を貼っておきます!

 

 
f:id:goldenretrievers:20170909103233j:image
出典 twitter.com


f:id:goldenretrievers:20170909102834j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追記

グレイシー・ゴールド選手が、うつ病摂食障害の治療のため、GPシリーズを欠場することになりました。うつまで発症していたんですね。気の毒でならない。どうか健康第一に。尚、全米フィギュアスケート選手権への出場については、ゴールド選手の状態を見て、追って発表されると思います。

 

世界に終わりが来ない限り、あなたの人生に終わりなんてないんだよ。むしろ無限の可能性しかない。だからこそ「私は終わってしまった」なんて思わないで。

 

 

 

合わせてどうぞ

 

goldenretrievers.hatenablog.com

 

 

goldenretrievers.hatenablog.com