オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

真凜VS舞依VS新葉 平昌への夏

 

前回の記事で真凜VS舞依VS新葉の新プログラムについて感想を書くと言ってから、またまた日にちがあいてしまったのですが、今から2017年8月現在での3人娘の新プログラム(勝手な)ランキングをアップしたいと思います。

 

※完全なる私が受けた印象のみで書いておりますので悪しからず・・

 

 

 

まずは真凜評から


f:id:goldenretrievers:20170816164031j:image

出典 www.hochi.co.jp 今季ショートの衣裳、赤と黒バージョンがあるそうです

 

えーと、はじめにですね、本田真凜選手のフリーに関しては以前こちらの記事で書かせていただいたので、今回フリーの内容は省略させていただきますね。

 

goldenretrievers.hatenablog.com

 

というわけで、今回はショートの「ジェラシー&ラ・クンパルシータ」方の感想をご覧ください。

 

本田選手の今季ショートは本人が「滑ってみたかった!」というタンゴです。私は新プログラムを観る前までは、てっきり妖艶系のプログラムで攻めるものかと思っていたのですが、お披露目されたものを観てびっくり!超キュート系なタンゴじゃありませんか!終始ニコニコ笑顔でふんわりと滑っていて、まさに妖艶さとは真逆のプログラムだったのです。

 

そこから私が感じたのは「キュートさを前面に出すのならタンゴではない方が良いのでは?」

 

本田選手といえばノービスの頃から表現力を評価されてきた選手だったので、こちらが期待しすぎているせいもあるのかもしれませんが、演技の雰囲気がスプリングソナタロミオとジュリエットの時と同じようなやわらか~くて儚~い女性らしい動きでまとめられており、一般的にイメージされるタンゴの情熱的で力強いピシッとしたものとは違っていました。もしかしたらこれから滑り込んでどんどん完成形へと変化していくのかもしれませんが、本田選手自身はとにかく衣裳やヘアメイクからしてもキュート系を好んでいるように見えるので、好きな曲と好きなスタイルに開きがあるのかな?と思ってしまいました。ただ、ショーの間に来ていた衣裳も(自身でデザインしたらしい)今だけ限定で、試合本番ではTHE タンゴな大人衣裳で勝負するかもしれないので、今のところの評価は星★★★☆☆といったところでしょうか。これが本人のイメージにも合う曲だったら文句なしだったのですが、シニアデビューということもあり少し未知な音楽に挑戦してみたかったのかもしれません。

 

それでも本田選手は決してかわいらしさのみを特化したプログラムしかできない選手というわけではないと思うので、シニアではどんどん個性的なプログラムを試していってほしいです。(個人的には坂本選手のアメリみたいな路線もいいのではと思う)

 

 

 

おそるべし舞依評


f:id:goldenretrievers:20170816164444j:image

出典 https://www.nikkansports.com/sports/news/1851816.html タンゴを舞う三原選手

 

続いては三原選手。三原選手のショートは「リベルタンゴ」!、そう本田選手と同じタンゴなんです。(フリーの映画ミッションより「ガブリエルのオーボエ」はまだ観れてないのでショートだけの感想です)

 

こちらは逆に本田選手の時と違って「三原選手のタンゴはイメージわかないな~」と思ったのですが、実際に観てみると「勝負に来たな」とわかる凄く良い振付でした。また、技術的にも調子の方も日本女子トップクラスといっていいくらい順調に仕上げていますね。この時期でこんな完成度だと三原選手は平昌への切符をいち早く手にするんじゃないかと思ってしまうところですが、こればかりはシーズンに入ってみないとわかりませんよね。もしかしたらジャンプにエラーがつくかもしれないし、ミスがあった時でもPCSでカバーできる選手になるかどうかは悩めるところ。三原選手はスケートが上手いので欲を言えば身のこなしがもっと丁寧になると(ぐにゃっとした上半身の動きをきっちりこなす)振付にも余韻が残り、見栄えが良くなると思います。

 

従って三原選手の新プログラムの評価は星★★★★☆です。ひとつ白いのはもう少しトータルで大人っぽさがが加わることを願っての期待です。

 

ちなみにフリーの評価はネットの様子を見るとかなり高いので楽しみですね。13日に行われた「げんさんサマーカップ」では総合200.52点で今季初優勝を飾りました。

 

 

 

期待したい新葉評


f:id:goldenretrievers:20170816164505j:image

出典 mainichi.jp 007のコーディネートでニヤリ

 

最後は樋口選手の新プログラム評です!ショートは「ジプシーダンス ドン・キホーテ」、フリーは映画007よりアデルの「スカイフォール」となっていますが、全体的に感じた印象を書きますと、「個性が生かされていて良い」の一言です!

 

何が良いかって、昨シーズンはシニアへの挑戦&冒険もということもあり、プログラムを自分のものにするのにかなり苦戦し、なかなか本人の良さが出せずにいたのですが、今シーズンはショートもフリーもハマりプロ!持ち前のスピード感が生かされのびのびと滑っています。さらに昨シーズン苦労して冒険したおかげで、今シーズンにハマりプロが来てもまた新鮮な気持ちで観ることができ、シニアで「こんな表現もできますよ」というアピールにもなるんではないでしょうか。個人的にはフリーの007が似合っていると思います。樋口選手の長所は誰とも被らないところ!日本女子・・アジア女子の中で樋口選手の個性と被るスケーターがいないところが彼女の強みだと思います。なんとなく北米女子の雰囲気があるんですよね。アジア女子の清楚なイメージというよりは健康的なセクシーさというか、独特の貫禄みたいなものがあります。ぜひ、この個性を大切にしていってほしいですね。

 

そんな樋口選手の現時点の評価は星★★★★★

やっぱりスケーティングがぐいぐいしてるのと、観ていて勢いのあるパワフルな動きが気持ちいいです!五つ星にしたのはプログラムが気に入ったのと、本人らしさが戻ってきたという意味でです!これでミスがなければいいのですが・・。平昌の女神は誰に微笑むのでしょう(よくあるフレーズでごめんなさい)

 

 

 

さいごに

以上が完全なる独断と偏見なる勝手な妄想評になります。

最後にお伝えしたいのは、これはあくまでも夏現在の評価だということ。シーズンに突入して試合をすれば、また全く違う感想になると思います。しかも今回は夏季ショーや試合などを観てこの3人をピックアップしましたが、日本には他にも宮原選手や本郷選手、それに坂本選手や白岩選手などなどたくさんの有力候補がいますので、日本女子の勢力図は目まぐるしく変わると予想されますし、その都度気になる選手を書いていきたいと思っています。

 

基本的にすべての選手が好きなので偏らずに書いていきたいのですが、現役選手以外も大好きなので、たまにというか、かなりそちらの方をピックアップしたブログになってしまうかもしれません。この記事では、なんだかランキングなんて大げさなこと言っちゃって申し訳ないですし、評価にもばらつきが出てさらに申し訳ないのですが、つまりは皆さん頑張って♡という愛なのでお許しください。

 

それぞれのプログラムが今よりももっと素敵なものになりますように!

グランプリシリーズ開幕まであと少し!ケガせず、病気せずに挑めるよう応援しています。

 

 

合わせてどうぞ

 

NHKの「グッと!スポーツ」のまとめ(あとで更新あり)

goldenretrievers.hatenablog.com