読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

弱小ブロガーがブログを辞めたくなったとき

もうポンコツショボ記事ばかり大量生産して嫌になっちゃうわ…

 

いくら更新してもアクセスなんてちっとも上がらない

 

というアナタへ。

 

安心してください。

 

大丈夫です。

 

下には下がいますから!(It's me!)

 

 

 

下を見たってしかたない?


上を見ないと?


その通りです。


おっしゃる通り。

 

でもさ、嫌な時はどうしたって嫌じゃん?


無理したってカラダに悪いだけだし、最悪アタマ禿げるわけじゃん?

 

なら1日くらい甘えたっていいじゃん?

 

と、言うことで今回だけは甘えたこと書きますッッ!

 

 


出だしからおかしい文章で大変失礼します。

 

 

 

 

ブログを開始して早2ヶ月目に突入した今、


アクセスはちょびっとだけ上がりましたが

 

書くことなくてツライ…

文章能力がナイ…

アクセス数がおわってる

 


もう既にそんなヤツがブログなんてすんなよバーカ!という声が聞こえてくる気がしますが…

 

 

いや、でもね。

 

先生あのね。

 

1ヶ月やってみての感想なんですけどね。

 

ブログするには知識がなさすぎたんですね私。


ブログというよりはアメブロとかで日記書いておけば良かったんですね私。


大体はてなブロガーの皆様が凄すぎなんですね。


同じくらいの時期にブログをスタートしたブロガーさんたちが既にいないんですけど。

 

私よりもずっーーとアクセスある方ですらも見込みないからとかで辞めちゃってる!

 

アナタたちが辞めちゃうなら私なんてもっと雑魚なのにどうしたらいいのおお!!ワオーン!!

 

 

スポーツでも何でもそうだけど、結果はすぐにでないもの。多分そんなことは皆がわかっている。


そう、だから頑張らないと


頑張らないとね…。

 

でもどんなに言い聞かせても耐えられなかったり、待てないとダメなんだと思う。

 

 


よく100記事書けとか、3ヶ月続ければとか言うし。

 


でも、そんなんしても今のブログのままじゃ何も変わらないんじゃね?とも私もわかるし思うけど!

 

 

結局は「やってやれねぇことはねぇ」という感じで、毎日虚しくアクセス解析を見つめるしかない。

 

それがしんどいんです。
ダルいんです。


でも。

でも。


それでもこんなブログにスターをつけてくださる神様のような方がいるんです。


読者になってくれたり、ブクマをつけてくれる方がいるんです。


そう考えるとまだまだ人生捨てたもんじゃない!

 

一度は「あれ、なんかここ場違い?やっぱ辞めようかな」と思った私の未熟な心を引き留めてくれた。

 

更新するとすぐに見に来てくれる方もいる。

 

 

私にとって皆さんは救世主! 

 

 

もう45人の心優しい読者様を私はエンジェルさんと呼ぶことに致します。


f:id:goldenretrievers:20170104125453j:image
エンジェルさんイメージ画

 

 

実際に読者登録してくださった方の中に何人が本当に読んでくださっているかはわからない!


けど、こんな顕微鏡でしかわからないようなブログを見つけて登録してくださっただけでも私にとっては大きな励みなんです!

 

だからもし、私と同じような気持ちでいるはてなブロガーがいたら共にもう少し頑張ってみましょう!

 

皆さん絶対私よりセンスありますからね!

 

 


私なんて誤字脱字多いし、もう誤字脱字について検証するブログかってくらいヒドイですから。もはやプロ誤字ブロガー。

 

 


例えばクリスマスイヴに投稿した

 

コウケンテツの世界幸せゴハン紀行】

 

なんて記事も、何をどうやったら間違うのか

 

コウケンテツの世界幸せゴメン紀行】

 

とかやっちゃたし。


ゴメンってなんだよ!NHKから苦情来るわって話。


しかもそういう記事に限ってGoogle検索の1ページ目とかにしっかり載っちゃうし!


もうロボットちゃんと見てくれよ~困る困る


もう気づいてすぐに訂正しましたけどねっ!

 

 

それでもこんな私のブログでも見てくださる方、改めて本当に本当に本当にありがとうございます(土下座)

 

 

 

とりあえず私にできることは毎日更新すること。それしかできないので頑張ります!


くだらないことで目を汚してしまい申し訳ございませんでした。