オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

ステファン・ランビエールとジョニー・ウィアーに会った話

今回はフィギュアスケートネタから、私の大好きな氷上の貴公子スイスのステファン・ランビエールさんに会った話を書きたいと思います。途中、消しゴムに対してアツく語る部分も挟みますがご了承くださいませm(._.)m

 

 

まず本題に入る前に【おもしろ消しゴム】について紹介させてください。 

 

 小さい頃から細々としたものが大好きな私は【おもしろ消しゴム】が大好きでした。

 

そんな【おもしろ消しゴム】とは以下のような消しゴムのことです。

 

 

画像1 スイーツと動物


f:id:goldenretrievers:20161229162226j:image

 

 

 画像2 1番のお気に入りはこのロブスター!!どーん!!


f:id:goldenretrievers:20161229162300j:image

 

なんと付け合わせのパーツは取り外せます。

 

 

 画像3 ラーメンと焼売と天丼を閉店後の中華レストランをテーマにもう1枚。

f:id:goldenretrievers:20161229163305j:image



といったような、ミニチュアの玩具消しゴムのことなんですね。昔は欲しくてもなかなか買えなかったおもしろ消しゴムも今となっては大人買いで簡単にコンプリートできちゃう!

 

ちなみに、小学生の頃にガチャガチャで地道に集めたサンリオのお弁当消しゴムシリーズもチラ見せ紹介します。これを集めた苦労も思い出となり大切に大切に保管しています。


f:id:goldenretrievers:20161229162413j:image


特にこのキティちゃんとケロッピーを出すのが難しくって何回やったかなぁ。

 

 

 …という話はここまでにして、さっそく本題に入りたいと思いますが、実は今回の記事では、この【おもしろ消しゴム】が関係してきます。

 

 

ステファンとジョニーに会った話

話は数年前に遡ります…。

 

ソチオリンピックを終えたとある年に開催されたfaoi新潟公演の前日、現地に着いた私はスケーターに渡すメッセージカードを買いに某店に寄りました。

 

 すると、お店の入り口の一角におもしろ消しゴムのコーナーがあったので、私は思わず立ち止まりしばらくの間、商品を眺めていたんですね。

 

結構な時間「買おうかな~どうしようかな~」と真剣に見ていたので、この時は真向かいに人が来ていたことに気づきませんでした。しかし「やっぱいいや」とお目当てのコーナーへ向かおうと顔を上げたとき、私よりめっちゃ真剣におもしろ消しゴムを見ている二人組がいたのです。

 

しかも大人の男性です。

 

一人はキャップを被って下を見ていたので顔が見えませんでしたが隣!その隣です!

 

全身白のコーデで赤いショルダーバッグにグラサン、そしてオールバック!!

 


もしかしてだけど、もしかしてだけど…

 


ジョ、ジョニー??

 

 

グラサンで顔は隠れていましたが、その姿は間違いなくジョニー・ウィアーだと思いました。もう一生こんな距離感でジョニーを見ることはないと思うので間違いないです。それと同時に私のスケーターセンサーが発動し、ジョニーと何かが繋がりました。

 


えっじゃあもしかしてキャップの人もスケーター??

 


となると

 


スススステファン??!?

 

私のステファン・ランビエールじゃないのかい?

 


私は思わずチラ見、いやガン見しつつ本人かどうかソワソワしだします。多分かなり気持ち悪い姿ですね。そこから正直消しゴムとかどうでもいい。

 


次の瞬間に顔確認。

 


あのイケメンは間違いなく、確実に、本当にステファンでした。近くで見ると細くて、背丈が日本人っぽい感じ。顔めっちゃ小さい。
(普段はランビって勝手に言ってるけど)

 


まさかこんなところで遭遇するとは思わなかったので驚きましたが、宿泊先のホテルからでも近かったからなのか、練習の合間の暇つぶしだったのかわかりませんが二人もお店に遊びにきていたんですね。実際は少し離れたところにいた他の外国人(多分スケーターだが顔が確認できなかった)と一緒にきていましたが、それ以降おもしろ消しゴムを見るとイコールこの二人組って感じです。

 

 

 もちろんプライベートなんで(恥ずかしいし)話しかけはせず二人が去っていくのをひっそりとお見送りしました。

 

ちなみに二人はしばらく消しゴムコーナーで語っていらっしゃいましたが、(ジェスチャー的に「何これ?食品サンプル?」「ワオ!カレーライスもあるよ!」みたいな感じ?)その後キッズたちのように興味津々にあちこち回ってどこかへ去っていきました。

 

 

まぁただそれだけなんですけどね。

 

 

 

それにしても、お二人もおもしろ消しゴム好きなのかしら?いっそ消しゴムをプレゼントしたら喜ぶのかな?

 

でも、買わなかったってことはイラナイってことですよね(笑)ですがここのお店には便箋やカード類も変わったのがたくさんあって見ているだけで楽しいんです。もし二人にお手紙書く時は少しインパクトあるもので送ると喜んでくれるかもしれませんね。

 

 

ちなみにそのアイスショーでは、ちょうど羽生くんが五輪で金メダルを獲った年だったので、おめでとうカードを送ったのですが律儀にお礼のお手紙とスケート靴のチャーム?が返ってきて凄っ!と思いました。


f:id:goldenretrievers:20161229162552j:image


私普段ショーで手紙やプレゼントをしない人で…この年は特別だったから!と思ってのことだったのにありがたいです!

 


こっちのが奇跡?

 

 

あまり大したネタではありませんが、何はともあれ私にとっては嬉しい偶然が重なったエピソードでした。

 

余談

後日、SNSに載っていた写真の中にいたジョニーの服装とバッグが、消しゴムの時に見たものと同じだったので本人と100%確信したのでした。生ジョニーは大きくてステファンは可愛かったです。

 

 以上、超ゆるゆるなブログでした。