読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

全日本フィギュア女子の感想をザックリ!

フィギュアスケート

まずは2016年フィギュアスケート全日本選手権および世界選手権日本代表選手の結果から

 

(日本代表)

男子シングル
宇野昌磨
羽生結弦
田中刑事

 

女子シングル
宮原知子
樋口新葉
三原舞依

 

に決定しましたおめでとう~!!!!!!

 

全日本選手権の結果は男子シングルの無良くんが3位だったことをのぞいて、そのまま今大会の代表選手が表彰台に乗りました。

 

今年もドラマのあった全日本。さっそく印象に残った選手(女子)と大会を振り返りたいと思います。

 

村上佳菜子選手
構成は低いですが、プログラム全体を久しぶりにまとめることができて涙していた様子にグッときました。元々とても素質のある選手だっただけに長年の不調は見ていて辛かった。ジャンプさえ良ければトップを争うような選手なだけにもどかしかった。けど、今日は長いトンネルを抜けたような演技で素晴らしかったです。


白岩優奈選手
ショートは本当に残念で気の毒だった。でもそんな中でも気持ちを立て直して、きちんとノーミスで文句なしの結果を残せる精神と技術は凄い!白岩ちゃんは来季自分に合ったプログラムが揃えばもっと上にいけるはず。快進撃を期待します。


本田真凜選手
今年は何かとついていなかったけど最後の最後に良い演技が来ました!ショートなんて今季で一番良かったんじゃないかな。世界選手権では体調万全でベストを尽くしてほしい!しっかしマリンちゃんはリンク外でも役者だね~と思う試合だった。フィギュアスケートは魅せる競技だからマリンちゃんにとってホント天職かも?


本郷理華選手
ショートは良かったけど、フリーはジャンプでちょこちょこミスがでてしまい残念でしたね。うーん、ジャンプの回転不足もだけど振り付けや身のこなしの面で力の入れ方が、とにかく個性を出すことに集中しすぎているような気がするなぁ。演技後の涙が切なかった。世界選手権に行けない時間を有効に使って頑張ってほしいです。ファイト!


三原舞依選手
心が洗われるような演技でした。スケーティングの美しさ。迷いのないジャンプ。PCSはもっと出てもいいかな?という気がしたけどまぁこれからいくらでも上げていけるでしょう。三原さんはインタビューの受け答えも素直で賢そうで好き。世界選手権で良い演技ができますように!


樋口新葉選手
ジャンプでミスはあったけど、決まったジャンプは良かった。やっぱりジャンプのわかばだと思うので表現に重点を置きすぎるより、スピード&パワーなスケートの持ち味も捨てないで欲しいなー。


宮原知子選手
連覇おめでとう!でもちょっとさすがにお疲れかな?と思った。もう今の日本女子はさっとんがいてくれて良かった!って部分があるからあまり体に負担をかけずに今季を終えてほしい。とりあえず今晩はゆっくり休んでリセットだー!

 

 

 

とにかく選手の皆さんお疲れさまでした!今年もたくさんの感動をありがとう!

 

 

 


そして真央ちゃん。


ショートは抜けてしまったアクセルがフリーでは抜けなかったことは良かった。

 

抜けより足りてなくても降りた方が良い。転倒も残念だけど抜けよりはずっと良い。

 

フリーの公式練習のジャンプはショートより良かったと思ったけど、思うようにはいかなかった。


私、「真央ちゃんには順位とか関係ない。滑ってくれるだけで良い。」という言葉が凄く嫌いです。


気持ちはわからなくもないが、アスリートに順位が関係ないとは失礼だと思う。


同じく不調に対して同情するのも違うと思う、大切なのは励ましだ。


同情と励ましは違う。


感動の涙は素晴らしいけど、選手の不調を見て同情の涙は違うだろうと違和感を感じる。


本当に気持ちはわかる。私も真央ちゃんが上手くいかないと悲しいし辛い。けどいつからか真央ちゃんに対する回りの見方が少し違う気がする。


真央ちゃん自身は、体もほんの少し前と比べても絞ってきていたように見えたし、少しずつ気持ちも上に向いてきているように見える。

 


あとはとにかくやるしかない。

 


だからこそ現役を続ける限り向上を期待し、応援します。