オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

100均アイテムで自主学習のネタを作る方法

毎日自主学習で何していいかわからないよーと悩むキッズも多いのでは?

 

 

テストやプリントで間違ったところを復習したり、新聞の切り抜きを貼ってコメントを書いたり、または絵日記など工夫しながらやっている子もいれば「そんなちまちました面倒なことできるかー!」という子もいて様々。特に低学年の子はそうなんじゃないかな。

 

 

今回はそんな"何をしていいかわからない・面倒なのはゴメンだ楽しくやりたい"というキッズ向けに100均アイテムを使った勉強方法をアドバイスしたいと思います。

 

 

用意するのはこちら


f:id:goldenretrievers:20161223113916j:image

 

ダイソーで売られているドリルです。

 

これらを利用して問題を作っちゃいます。

 

 

まずはドリルを普通に解きますよね。

で、全部終わっちゃったらどうします?

捨てます?

 

 

私はこのドリルを保管します。

 

4才用のドリルが終わっても小学生まで使えるのでとっておくんです。

 

 

小学生でどういう使い方をするかというと、園児向けのドリルには絵がたくさん貼ってあります。

 

 

例えば、一年生になると数のかぞえ方を習うのでその時にいらなくなったドリルから絵をチョキチョキ抜きとって


f:id:goldenretrievers:20161223114553j:image

 

【ぜんぶでいくつ?】というような問題で使っちゃいます。

 

注意するのは切り取る際、既に答えを知っているドリルと同じ数にはならないようにそのまま切らないこと!少し数をかえるように工夫して切ってください。

 

にんじんにしようかなーキャンディにしようかなーと選びながらハサミを使って糊付けする作業も楽しいかもしれませんよ。

 

 

 

あとは同じように使えそうな絵をジョキジョキして


f:id:goldenretrievers:20161223115333j:image

 

こんな風に【数比べ】に使ったりもできます。

 

これは確かくだものめいろから切り取ったものですね。

 

 

 

あとは


f:id:goldenretrievers:20161223115536j:image

 

国語では好きな絵を貼ったらそれを文章にしたりします。

 

それに慣れたら最終的に2~3ページ物語を作ってみたりなど結構良い勉強になります。

 

 

 

そうこうしている間に「もっとこうしたらどう?」とか「次はこうしたい」とか色んなアイディアが生まれてきます。

 

もうドリルからはネタがなくなっちゃったよーとなっても大丈夫です。

 

 

ネタはどこにでもある!


f:id:goldenretrievers:20161223115957j:image

 

これはカタログに載ってた積み木のおもちゃを使って作った【かたち】の問題。(下は違う問題なのでまぎらわしくならないようにハートちゃんでモザイク)

 

それぞれのかたちがいくつあるのか数えま

した。

 

 

他にもスーパーのちらしから同じかたちのものを探してその結果をノートに切り貼りしてまとめたり、好きな商品切り貼りして合計数を出したり。そう、ヒントはたくさん転がっている!!

 

 

ただ私は毎日こういう勉強方法ではなく、子どもが冬休みや夏休み等で家でひとりひたすら自学を繰り返して飽きが来たときなんかに利用します。

 

学校がある日と違ってお休み中の宿題はどうもやる気がでないので(そりゃそうよね)

 

 

今年の冬休みも相変わらず宿題どっしりですが、クリスマス・大晦日・お正月が待っているので頑張っていただきたい!

 

 

以上参考までにでしたが、ここで紹介した画像の100均ドリルは種類もたくさんあるので今回私が紹介したノートでは画像のドリル以外からも使ってます。

 

 

こんな記事書いておきながらなんですが、まぁ何より一番大事なのな予習、復習なのは間違いないですね。

 

 

わからないところをきっちりクリアして次の年に進みましょう!

 

 

ざっとした紹介でしたがおわり。

 

 

良かったらこちらもご覧下さい。