読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

浅田真央引退説に物申す!

フィギュアスケート

またまたどこからか勝手な憶測が飛び交っていますね…。

 

引退は本人が口にするその日まで外野が言うことではないのに。もっとアスリートにリスペクトがほしいものです。

 

そんな真央ちゃんにも全日本選手権が近づいてきました。


ファンの中にはよく「真央ちゃんが滑ってくれるだけで幸せ」と言う方がいらっしゃるけど、私は好きだからこそ勝ってほしいし諦めてほしくない。


もちろん今は厳しいのはわかってる。このままじゃ厳しいのはね。


だけど浅田真央には勝って終わってほしいのです。


もしかしたら今季は結果が出ないかもしれない。

けど何かしら彼女が納得いく形で現役を終えてほしいのです。


早いですが来季は五輪シーズンで激戦になります。


本田マリンちゃんもシニアに参戦してくる。


そんな中今できることは何か。


正直今季のプログラムをSP・FPと同じ曲にしたことでPCS的に高く評価されたとは言えない。


今評価されるのはプログラムをどんな風に理解して演じようとしているか、非常にわかりやすくすることである。


あとはつなぎ。つなぎをとにかく入れる。特にジャンプにはわかりやすい工夫を入れる。それがトレンド。


私がずっと気になるのは復帰後やけにプログラムがあっさりしていることだ。


2Aにはもう少し得点を上げるための要素を真央ちゃんなら埋め込めるはずだ。

 

助走が長くなるのは3A用だとわかるが、とばない選択肢もあるのなら別バージョンの振り付けがあっても良いかなと思う。


ただ復帰後は体力的な部分もあり、かつてのタラソワが作ってくれたような濃いプログラムはキツいだろうと思う。

 

現在の振り付けはカナダのローリー・ニコルが手掛けている。

 

ローリーの作品で有名なのはショートプログラムノクターン

 

当時ひとつひとつの音を拾うようなシンプルな振り付けが真央ちゃんの無垢なスケートにとても合っていた。

 

ただソチで滑ったノクターンはもうかつての魅力とは違うものになっていた。

 

ローリーの生み出すシンプルイズザベストのスケートはあの10代の真央ちゃんだからこそ合っていたのだと思う。

 

元々日本人は自分を出すことが不得意とするためか表現面では控えめなスケートになりがちだ。

 

だからこそタラソワのゴテゴテの振り付けは日本人にとっては控えめさをカバーしてくれる助けになっていたのではないか?と今は思う。

 

もう今は無垢さでは勝負できない年齢だ。だからこそ新しいスケートが必要。

 

皆さん、今の真央ちゃんにはどんな曲が似合うと思います?

 

誤解しないでいただきたいのは決してローリーを批判しているわけではないということ。

 

ローリーは素晴らしい振り付け師です。私はローリーのショパン作品が大好き。
それにコストナーとローリの組み合わせも好き。

 

相性というのかな…それはどの選手にもある。

 

上手く言えないが復帰後の真央ちゃんは復帰前の真央ちゃんと全く違うと思うんだな。

 

かといってタラソワに依頼しらオッケーというわけでもない。

 

タラソワといったらステップで盛り上がるプログラム だ。

 

真央ちゃん自身もステップにはかなりの自信を持ってやっていると思うし、真央ちゃんが今の女子のステップを向上させたといっても過言ではないと思う。

 

今はステップ上手い子ちらちら出て来てる。もうスピンもジャンプも何でもできるよ。

 

そんな中で戦わなきゃいけない。もうステップが真央ちゃんだけの見せ場にならなくなるかもしれない。

 

その点ローリーはステップだけに時間をさかない構成は良いと思う。まんべんなく見せ場を散らすことが大切。

 

いまはスパイラルがなくなってしまったが、かつて真央ちゃんにはスパイラルという見せ場があった。

 

今はコレオスパイラルですね。

 

個人的に宮原さんは、このコレオスパイラルをプログラムの中で非常に効果的に使っていると思う。

 

真央ちゃんは脚も長いしポジションも綺麗だからもうドヤ感満載でコレオってみるのも手だと思うわ。

 

人にはない魅力を出すのに、どの選手もコーチも必死だと思ってる。

 

真央ちゃんは引き出しがたくさんあるのだから存分に使うんだーー!!!いや使ってくれーーー!!

 

超超勝手ですが他の人があまり似合わないようなグリーン(明るい)系の色が似合うと思うのよ。

 

たまには黒赤紫ピンク以外着てみない?

まぁ超勝手だね。


あとはやはり環境かな。

 

回転不足は厳しくとられるなぁということもあるが、クリーンじゃないこともある。

 

ジュニアの頃からジャンプは少し足りてなくて不安はあった。

 

真央ちゃん、凄腕ジャンプコーチにつくだけでも違うと思う。

 

ルッツはそこまで重要じゃない。でもセカンドトリプルがほしい。

 

今どきエラーなしでとぶなんて珍しい。どっちかなくても点は出る。

 

けど3-3とリカバリー力がないと点はでない。

リカバリーできる構成を作りるのも大事。

 

脚や腰に負担がかかっていて中々練習もできないようだけど、周りにそういうケアをしてくれる人はいるのかな?

 

ケガの程度がわからないけれど専門家は近くにいた方が絶対に良い。

 

まずは全日本での真央ちゃんを見ないうちにはわからないけど、少しでも調子が上がっているといいな。

 

まぁジュニア時代からと比べ体型も大きく変化しましたし、そこら辺からきつかったのかなとも思う。

 

特にジャンパーと呼ばれていた選手は成長と共にジャンプに悩まされるし。

骨格はどうしようもないしね。

 

でも日本人は繊細で丁寧で正確な技が本当に際立って上手いし、持ち味です。

真央ちゃんもそう。

 

上手く気持ちをポジティブに持っていき、堂々とリンクにたってほしい。

 

 


がんばれ真央ちゃん!


勝つための戦略・チームとの連携…良い方向に向かいますように。