オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

NHKスペシャルドラマ 東京裁判 第1話

最近保存したものが消えちゃう(泣)しんどいしやる気がなくなる。しかもプレビューすると白紙になる。消えるとイヤなので短めに。

 

昨日は更新しなかったのにアクセスしてくれた方がいて嬉しかったです。

 

 

 

 

 

今日は昨日から放送されたNHKスペシャル東京裁判」について。

 


~超大まかなあらすじ~
NHKによる取材情報を元に東京裁判の舞台裏をドラマ化。

11カ国から集まる判事たちの姿を各視点から見て展開していきます。

尚、実際の裁判映像や関係者によるインタビュー等が織りまぜられています。

 

ちなみにNHKが企画原案ということですがカナダやオランダとの共同制作でもあり、判事役の俳優たちは実際の判事と同じ母国出身者で集めているとか!そのためドラマではソビエトの判事以外は吹替えです!本格的な歴史ドラマですね!

 

 

 

 

 


まず日本が裁かれる罪「A級戦犯

よく韓国人が「日本はA級戦犯だから残虐だ」とか言うやつ。

 

このA級とは罪の重さをはかるレベルでも、残虐性でもなくA~Cまでの犯罪の種類ですね。

 

 


定義

A級戦犯…平和に対する罪

B級戦犯…(通例の)戦犯犯罪

C級犯罪…人道に対する罪

 


したがってAがBより悪いとかではありませんし、永久戦犯でもありません。

日本はA級戦犯(平和に対する罪)のカテゴリーになったわけです。

 

 

そもそもこのA級は日本が戦時中にはなかった法律ですのでもうめちゃめちゃです。

 


戦争責任があるとすれば無謀な戦いかたで自国民の命を無駄にしたことだろう。

戦争で敵国の命を奪ったのは皆同じだ。日本だけが責められる矛盾さ。

 


勝った方が正義、負けた方が悪なのか。

 


世の中に善と悪しかないのか。

 

 

そう思う人は多いはず。
このドラマを見て何か別な考えが生まれるのかどうかはわからないけど。

 


ドラマでは判事の実際の血縁者などがインタビューに登場したりして中々凝っているので遠い昔の出来事だと思って見ていても、急に現実感に招かれる不思議な感じがします。

 

 

実は昨日眠くて眠くて所々寝てしまいましたので詳しい感想は書けません(笑)が今夜22:25~第2話があるのでぜひご覧ください。

 


明後日はBSで見たい番組が集中していて録画が足りないから見れないかも。

再放送あるかな?