読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オオカミのとおぼえブログ

主にフィギュアスケート、BSやNHKの歴史・紀行番組について書いています。オオカミだけど一匹じゃないブログ目指します!

ザ リアルボイス "スタローバヤ"からロシアの本音が聞こえる(後)

BS

ザ リアルボイス "スタローバヤ"からロシアの本音が聞こえる(後)をお送りします。

 

後半、舞台はサンクトペテルブルクに戻ります。

 

ここサンクトペテルブルクプーチン大統領が生まれ育った町で国内の人気観光地でもあります。

 

また、大学も多いことから若者で賑わっています。

 

さらにヨーロッパからのロシアの玄関口の役割も果たしているためかサンクトペテルブルクのスタローバヤにはパスタやピザといった異国の料理も様々。

 

前半でもプーチン大統領が国民から慕われていることがわかりましたが、ロシア国内でのその支持率は82%!不支持は18%となっております。

 

年代別に見ると60歳以上が87%と最も高く、一番低い25~34歳で78%だそうです。

 

さっそくスタローバヤで割りと支持率が低い若者層に話を伺って見るとプーチン大統領はプロパガンダのおかげで支持率が高いだけだという意見で占めていました。

 

また、テレビは捨てた。マスコミは信じられない。と言う人も。

 

時代はインターネット社会。少しずつ自国を客観視する層による新たな風潮の誕生でしょうか。彼らは年配世代より国を強いとは思っていないのかもしれません。

 


時を遡り11月9日。
アメリカ大統領選の結果を受けロシア国内はお祝いムードです。

 

さっそくスタローバヤでインタビュー。

 

おばさん : アメリカってとても偉大な国なのに二人の候補者から選ばれないといけないなんて。(皮肉)

 

男性二人組 : スポーツと同じで敵を見くびれば負ける。トランプは今後予想がつかない。

 

おじさん : オバマはロシアのことを悪く言っていた。トランプになったからといってアメリカの考えはそう変わらない。アメリカは信用できない。

 

女性 : ヒラリーとは違いトランプは他国に干渉せず、自国を優先する。ロシアとも良い関係が築けるでしょう。

 

※インタビューは要約したものです。

 

政府やメディアでも歓迎ムードですがある女性二人組からはこんな意見も

 

「一年後にアメリカでロシアが選挙を操作した」と言われるかも。

 

ロシアって女性の方が鋭いこと言ってきてびびります。

 


スタローバヤでもう一人そんな女の学生にインタビューして見ました。

 

女学生 : 政治に興味を持つことを強制しないでほしい。政治は恐い。恐怖を押し付けるだけ。

 

すると隣にいたおじさんが話に入ってきます。

 

おじさん : 政治に無関心だと政治にコントロールされてしまう。悪いことが起きても知識がないと気づけない。

 

しかし女学生はこのおじさんとは直接話そうとせず。


おじさんは君はまだ若いからね。僕も20代の頃はそうだったから。とフォローしていましたが女学生はガンシカトで店を去っていきました。

 

上と下の世代での意識の変化はまぁどこも同じですが、面と向かって意見や態度を主張するというのは日本ではまずないことですよね。ハッキリ言う文化で意見の違いが大きくなったとき一体未来はどうなってしまうのか。

 

最後になりますが、ロシア人の皆さんからそんな未来についてお話を伺いました。リトルボイスと一緒にまとめますのでご覧ください。

 


・テロもない豊かな国であってほしい


・政治ゲームはいらない。
食事があって安らかなら幸せ。


・とにかく平和、ロシアだけでなく世界中が平和でありますように。


・自分の暮らしが悪くなりませんように。


・ロシア語の口頭試験をなくしてほしい。


・かつて買ったマンションが10ヶ月経っても完成しない。どうにかしてほしい。


愛国心の育成に力を!


・ロシア代表のアスリートが素晴らしいプレーができますように。


・健勝、多幸、平和、永遠に。


・心を一つにして国が向上しますように。


プーチン大統領が世界中を平和してくれますように。


プーチン大統領がいつまでも優しく、理解しあえる人でありますように。平和でありますように。


・人々は変革を望むが変革ではなく、今あるものを大切にしてほしい。